製紙事業部
     納入実績
産業機器事業部
ダクト事業部

長年にわたり培った技術と経験を生かした製紙設備をご紹介。フード・作業環境・各種機器の診断から製品の設計〜据え付けに至るまでを一括した受注体制を確立。お客様の作業場へ効率のよい省エネの製紙設備をお届けします。

多くのエネルギーを必要とする製紙産業。特に抄紙工程では、工程すべてのエネルギー量のうち60%〜80%が使われ、中でもドライパートは全体の30%〜50%もの消費を占めると言われています。 これでけ多くのエネルギーが必要となる工程であるだけに、機械運用における省エネ化は優先課題といえます。 中央技建工業では高露点を実現した密閉型フード、高い熱効率を生み出す排熱回収装置、ポケットベンチレーション装置など、高い技術と積み重ねられたノウハウが集結したエアーシステムを提供しています。 省エネ対応はもとより、生産量・品質の向上、走行性の改善なども視野に入れた弊社の抄紙機用エアーシステムをぜひご確認ください。
高露点型密閉フード ドライヤー排熱回収熱交換器(空気対空気)
間接式温水熱交換器(空気対水) 給気・ポケットベンチレーション装置
抄紙室換気システム 転造フィン(Extruded Fin Tube)熱交換器
エアーシステムのコンサルタント            Air System Consultants
【フード改善による省エネと生産合理化】
製紙工場のドライパートにおける熱量の有効利用と効率アップはコストダウンの必須条件と言われます。近年、特に老朽化したフードのもたらす熱損失が生産性と抄紙室内環境に与える影響は無視しがたい状況にあり、早急な改善対策が望まれます。

【中央技建工業によるフード診断と新規提案】
貴社工場の現在の運転データ及エネルギー消費量に基づき、新たに高露点型密閉フード及排熱回収装置を構想立案します。同時に、改造後の省エネルギーを算出し、どの程度の経済効果を見込めるかを予測し、最前の改造案を提供します。

構想立案の目的 中央技建工業のフード設置による効果 投資メリット
1.省エネルギー 露点(62℃以上)向上による給排気量の低減 動力・ファン設備費低減
露点向上による蒸気消費量の低減 熱効率向上
露点向上による回収熱量増加
2.走行性の改善 フード内気流速変の低下 フラッタリングの低減
フード内均一排気の形成 高速化、断紙低減
3.品質向上 トリム部の過乾燥防止 抄造ロス低減
均一乾燥(水分プロファイル)の達成
4.操業条件の改善 パネルのシール性、シールボックスによる給排気
(エアーバランス)の適正化に伴うフードからの
洩れ及び吸引を最小化
作業環境の改善

【高露点型密閉フードの目的と効果】
中央技建工業の抄紙機用エアーシステムは、上記の通り多くの効果を発揮し、既存抄紙機用エアーシステムが抱えていた、様々な課題を解決しました。 高露点型を実現した密閉型フード、高い熱効率を生み出す排熱回収装置、ポケットベンチレーション装置を初め、独自のノウハウが随所に活きています。 今後も老朽化改造へのご要望に対し、どんな問題でも提案していきます。